スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
塗装ブースの組み立て
ずっと前に買ってた塗装ブースを組み立ててみた。
まだまだエアブラシを使うことは無いんだが。

さて,結論論からいうと,
組み立てるの難しすぎ,無理ゲー,クソゲー。

PC055298.jpg

なんかプラモみたいでわくわくしてたんだ。

PC055299.jpg

これが肝心の換気扇。
ターボみたいって思ってたけど,あながち遠からずだなと思った。

さて組み立て開始。
まず説明書が大変解りにくいという問題が,
大事なことは後から書くという手法のため,先に言えよと!一人で説明書に突っ込んだり,
イラストが雑だったり,パーツ番号3とか書いてるんだけどそれがパーツに書いてなくて説明書の絵から判断してねということだったり,そもそもパーツ番号が間違えたりとクソゲー。
PC055300.jpg


この工程1をクリアするのに30分。クソゲー。ネジで止めるだけなのに30分。
ネジ穴が綺麗に合わないというクソゲー。

そして,壁とか天井を爪がパチっと音がするまで止めるとあるが,
人間の力じゃうんともすんとも言わないし,無理矢理押し込もとすると壁が割れそうというクソゲー。
なので,ハンマーで優しくトントンとなぐってやるも入らない。
いっこうに入ろうとしないので作るの辞めようかと思ったくらいにクソゲー。
開けてしまったからしょーが無く作るけど,らちがあかないので無理矢理にそれでも最大限に配慮して優しく,
爪の横をたたくも
PC055305.jpg

クソゲー。
クソゲー。
爪割れるし。

それでも天井部分はなんとか上手につけることができたのでなんとか塗装ブースとして安定したものができた。
なんとか。
PC055307.jpg

右側が曲がってるのは謎。

これみんな上手に組み立てできたんかいな。
文句言って新しいの送って来たとしても上手に組み立てられる自信ない。

分解できて収納に便利って書いてるけど分解したら終わり。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。