スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
またしても
デジカメの話をさせてくれ.

以前から気になっていたF50fdの購入は見送りました.
F31fdからだんだんと高感度での撮影に弱くなり高感度の富士とは言えなくなってきたというのが一番の理由.
高感度で綺麗な写真を撮るというのが画素数重視の今の時代にはちょっと間に合っていないのは仕方が無いことなんだけどな.

そして新たに気になりだしたのがニコンから発売される秋モデルの中で,P50とP5100,S700.
価格も3万を切るであろうP50とF50fdと同じくらいのふた機種.
まだ実際の写真を見ることが出来ないのでなんとも言えないが,カタログのスペックはなかなか良い感じである.

ここで,高感度の話に戻るがデジカメの高感度に強い弱いの要因はいくつかある.今回は,画像エンジンによるノイズ処理と撮像素子の大きさについて注目してみる.

どの機種も今回ニコンから発表された画像処理コンセプト「EXPEED」が今までのニコンの画像エンジンに比べて優れていることを期待している.新しいからといって一概に優れているとは言えないが高感度でノイズが少ない写真が撮れるようになっていればありがたい.

撮像素子に関してちょっと考えてみた.
①P50は1/2.5型829万画素(総画素)
②P5100は1/1.72型1243万画素(総画素)
さてどっちが一画素あたりの面積が大きいか,ということだ(はんな風)
①について
1/2.5型の場合CCDサイズは24.7平方ミリメートルで,その中に829万画素詰め込むと一画素あたり2.9*(10^-6)平方ミリメートル
②について
1/1.72型の場合CCDサイズは41.5平方ミリメートルで,その中に1243万画素詰め込むと一画素あたり3.3**(10^-6)平方ミリメートル
この場合はP5100のほうがCCDサイズが大きい分画素数が多くなっても一画素あたりの面積が大きいということか・・・.
高感度もP5100の方がISO3200まで設定できるのがなんとなくわかるな~.

そうね~.
広角28mm(35mm換算)から使えるP50がちょっと魅力的だったのになー.


実際の写真みていいかなと思うほう買えばいいか.

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。